社会人ブログ。社会人は辛いよ。新入社員の研修教育。自由を求めて今日も逝く。

社会人歴10年。

ついこの間、会社にて重大な任務を授かってきました。

その内容はというと、新入社員の教育について。

10年も社会人やっていればね、こういう仕事も回ってきますよ。

100人以上いる新人君に対し、一か月間、親代わりでそれぞれ担当者をつけるってことらしい。

やむを得なしという気持ちもありつつ、蓋を開ければ只今研修真っただ中の新人君。しかも4人。

いや一人じゃないんかい( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

問題なのはこの4人。将来、直属の後輩になるわけでもなく、僕が得意とする電気を学ぶものたちでもないということ。

つまり、配属前研修の面倒を見るということなのだ。

とはいうものの、僕に与えられた任務は研修生が毎日書き上げてくる研修報告にコメントをつけて返してあげるというもの。

そんなに大したこと、、、あるんです。僕の場合は特別な理由が。

なんてったって、僕が今の会社の来たのは昨年の3月。

中途採用者なんですから。

今日で1年と半年を迎えるわけですが、正直この会社のことや仕組みはほとんど理解していない。

電気の専門的なことなら教えてあげられるけど、なんならあれ? うちの会社って何を作っているんだっけ?

そんなレベル。(そんなレベルでもやっていけるのが専門スキルのいいところなんですが、、、)

つまり、新入社員は今年の四月から入社し、今に至るまで半年間の研修を得た子供たち。

ことこの会社の経歴について、僕との差はわずか一年。

むしろ会社の社訓だのなんなのみっちり教育されている新人君たちのほうが、この会社のことを知っているといっても過言ではない。

そんな子どもたちが毎日、僕にはさっぱり内容がわからない研修報告を上げてくるわけです。

っていうか、自分は研修受けたことないんだから知らねーよ!

そう叫びたい気持ちはやまやまですが、ここは気持ちをぐっとこらえてその任務を承諾することに。

生意気なやつらだったら4人とも口を縫い合わしてやる!

そんな物騒なことを考えていましたが、みんないい子たちでした。

こうして、可愛い子どもたちとの交換日記(手書きのノート)が始まったのです。

昨今は在宅勤務も盛んなご時世。それは僕も変わりありません。

しかしなぜか子どもたちに在宅はなく、毎日、研修報告を懸命に書いてきます。毎日です。

在宅明けに会社に出社すると、大量の研修内容が書かれたノートが4冊。

木曜日のフルット

 

研修内容を読んでも正直ちんぷんかんぷん。

え? うちの会社ってこんなことやってるの? へーすごい。

とにかく会社に行くのが億劫な最近。。。

しかも在宅を取ると二日分をまとめて書かなければいけない。

4人かける二日分、、、8日分もコメントしなきゃいけないの!?

理不尽だ。。。

しかもコメントは逐一、上司にチェックされる。

社会人は辛いよ。。。

スケジュールでは9月末までだったはずなので、あと一か月間。

それさえ終われば今年の仕事は終わりだ。。。(そんなことはない)

それさえ終われば、、、

 

進撃の巨人

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA