【失敗しない転職先の選び方】必ず押さえておきたい3つのポイント

【失敗しない転職先の選び方】について、押さえておきたい3つのポイントを紹介です。 

 

そもそも、転職に失敗した! と感じるときはどんなときでしょうか?

転職先が思っていた雰囲気と違った。思っていた仕事内容と違った。。思っていた雇用条件と違った。。。

失敗した人に聞けば、人それぞれの回答を得られるかもしれません。

しかし、その中でも共通する項目があります。

それは、「自分の中では〇〇と思っていたけど、実際には違った」ということです。

つまり、企業側が要求する求人と、自分が要求する要望とのミスマッチから生まれた微妙なすれ違いが、結果として両者に失敗と言う名の後悔を与えてしまった、ということになります。

この結果は、求職者にとっても企業側にとっても利益を生みません。

では、このような失敗をしないように為にはどうすればいいのか?

ポイントは大きく分けて3つあります。

 

 ①転職の目的を明確にする。
 ②転職先が、目的を解消してくれる企業かどうか?
 ③仕事内容が自分のやりたいことかどうか?

上記3項目になります。

次に、それぞれのポイントについて詳しく解説をしていきます。

 

転職の目的を明確にする

これは過去記事でも紹介していますが、一番重要なことなのでおさらいです。

転職が失敗する理由として最も多いのは、転職の目的が自分の中で明確化されていないことです。

つまり、なんとなく転職したい、と思って転職してしまうケースになります。

まずは自分がなぜ転職したいと思っているのか、ということを明確にしましょう。

これは一度、必ず具体的に書き出してみてください。

手書きでもスマホでもいいです。必ず文章にして書き出してみましょう。

これを書きだせないようであれば、転職はしないほうがいいと断言できます。

目的がはっきりとしていない人は、転職先でもまたなんとなくの理由で仕事をやめたいと思うからです。

転職の目的は人それぞれです。

例えば、給料をもっと上げたい、休日がもっと欲しい、スキルアップをしたい、社会的貢献度がもっと高い会社に行きたい、会社の雰囲気が良い会社に行きたい、なんなら単純にもっと大手企業で働きたい! とかでもいいです。

自分がどうして転職したいのか? 転職の目的は何のなのか?

まずは転職の目的を明確化させるところから始めましょう。

 

 

転職先が、目的をクリアできる企業かどうか?

転職で失敗する理由の2つ目として、転職先の企業が自分の目的をクリアできていないケースです。

転職の目的がはっきりとしている人であれば問題ないかと思いますが、念のための確認になります。

よくあるケースで、転職することが目的にすり替わっていないかということを改めて考えてみてください。

もう一度、丁寧に言います。

転職することが目的になってしまい、自分の真の目的が見失われていないか、改めて確認をしてください。

目的は転職ではありません。

例えばですが、自分がもっとキャリアアップをしたい ⇒ 現職のままではそれは望めない ⇒ だから転職をするんだ! と、ロジックが成り立っているかを再度確認してほしい、ということです。

そして、キャリアアップする為の条件が転職先の企業で見込めるのか? これが最終アンサーになります。

この条件が満たされている企業であれば、今すぐにでも転職をするべきですし、逆にキャリアダウンするようであれば行く必要はまったくありません。

条件にあった企業を探す為には転職サイトに登録するのが一番の近道です。過去記事を参考にしてみてください。

⇒  おすすめの転職サイト3社を徹底比較!

転職の目的、理由をはっきりさせたうえで、希望に合った求人を見つけるようにしましょう。

 

仕事内容が自分のやりたいことかどうか?

最後の転職を失敗させないポイントととして、仕事内容についてです。

いくら自分の要求、条件に合っていた企業だとしても、まったく興味のない分野や、聞かされていない仕事を突然やらされてはかないません。

そんなものは続けるほうが無理のあることでしょう。

しかし、企業が提示する仕事内容だけでは具体的に入社後どんなことをするのか、イメージがつきにくいものです。

入社してからこんなはずじゃなかった、とならないためにも、事前に具体的な仕事内容を問い合わせるようにしましょう。

問い合わせ方は、転職サイトを通じて聞く、もしくは面接時に直接聞く、のいずれかになりますが、できれば面接前に転職サイトを通じて聞くのが、お互いの手間も省けてベストだと思います。

転職サイトを通じて聞くのであれば、直接自分がなにかリスクを負う必要も全くありません。

仕事内容を聞く際のポイントとしては、単純に仕事内容を聞くだけではなく、今の自分がどのような仕事をしているのかを具体的に伝えましょう。

これは、お互いの意志のすれ違いを無くす為の手段になります。

転職が決まる前の失敗など、所詮は自分だけの中の話しです。

誰にも話さなければ、なかったことにもできるレベルの話し。

転職後にこんなはずじゃなかった、とならないためにも、事前に企業との情報交換はしっかりと行うようにし、やりたくもない仕事をするハメにならないようにしましょう。

 

まとめ

転職というのは、新卒が企業を選ぶのとは全く違います。

それは決してマイナス面の話しではなく、プラス面の意味でです。

なぜなら、新卒は就職が決まらない時点で、就職浪人などの覚悟を決めなければならない一方で、転職を希望する人は、現職を続けるか転職するかを選ぶるという選択肢があるからです。

その為、焦って転職して失敗した、、、なんてことは愚の骨頂。

むしろ、新卒者よりもじっくりと企業選びを行い、目的を明確化させたうえで行きたい企業を選べばいいのです。

更に言えば、基本的には転職活動などは誰にも言わないでこっそり行う人が多いことでしょう。

仮に転職を試みて駄目だったとしても、誰にも言わなければそれまでです。

これほど低リスクでリターンのある話しはあるでしょうか?

おさらいになりますが、会社選びに重要なことは、目的の明確化と、しっかりとした企業情報を得る、ということです。

転職という利点を最大限に活かし、失敗のしない転職活動を進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA